池田 義信(読み)イケダ ヨシノブ

20世紀日本人名事典の解説

池田 義信
イケダ ヨシノブ

大正・昭和期の映画監督,映画プロデューサー



生年
明治25(1892)年3月10日

没年
昭和48(1973)年9月1日

出生地
長野県長野市宇木町

本名
池田 義臣

学歴〔年〕
電信学校卒

経歴
長野郵便局局員を経て、大正9年上京、演劇の世界に入る。10年松下蒲田に入所、同年「生さぬ仲」で監督デビュー。以後「祇園情話」「船頭小唄」「いろはにほへど」など蒲田調の作品を監督。昭和11年監督をやめ、製作関係で活躍、戦後の20年日本映画連合会事務局長に就任。26年からは映倫副委員長を兼任した。夫人は往年の松竹大スター・栗島すみ子

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

マウンティング

多くの哺乳類の雄が交尾のときにとる、ほかのものに馬乗りになる行動。サルでは個体間の優位性を誇示するためにも行う。背乗り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android