コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池谷=関すい(彗)星 いけや=せきすいせい

1件 の用語解説(池谷=関すい(彗)星の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

池谷=関すい(彗)星【いけや=せきすいせい】

1965年9月に日本の池谷薫と関勉が発見した光度7等の新すい星。太陽の表面から13万kmのところを通過し,核が数個に分裂するのが観測された。ほぼ同じ軌道のすい星が1843年,1880年,1882年,1887年,1945年,1965年に観測されており,元は1個の大すい星であったものが,太陽に接近するたびに分裂を繰り返して数が増えたものと考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

池谷=関すい(彗)星の関連キーワード日満議定書磐余の池大沢の池心の池姿の池血の池埴安の池池谷太郎池谷薫関勉

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone