コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池谷=関すい(彗)星 いけや=せきすいせい

1件 の用語解説(池谷=関すい(彗)星の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

池谷=関すい(彗)星【いけや=せきすいせい】

1965年9月に日本の池谷薫と関勉が発見した光度7等の新すい星。太陽の表面から13万kmのところを通過し,核が数個に分裂するのが観測された。ほぼ同じ軌道のすい星が1843年,1880年,1882年,1887年,1945年,1965年に観測されており,元は1個の大すい星であったものが,太陽に接近するたびに分裂を繰り返して数が増えたものと考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

池谷=関すい(彗)星の関連キーワードアニオン電着塗装石山雄大スズキフロンテ800W3火星探査機新宿(区)スペイン映画密貿易ラジオ放送アイソン彗星

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone