コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池谷=関すい(彗)星 いけや=せきすいせい

百科事典マイペディアの解説

池谷=関すい(彗)星【いけや=せきすいせい】

1965年9月に日本の池谷薫関勉が発見した光度7等の新すい星太陽の表面から13万kmのところを通過し,核が数個に分裂するのが観測された。ほぼ同じ軌道のすい星が1843年,1880年,1882年,1887年,1945年,1965年に観測されており,元は1個の大すい星であったものが,太陽に接近するたびに分裂を繰り返して数が増えたものと考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

池谷=関すい(彗)星の関連キーワードゴダール(Jean-Luc Godard)森一生アニオン電着塗装シャブロル新藤兼人中平康山本薩夫[各個指定]芸能部門石山雄大スズキフロンテ800

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android