コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

汪康年 おうこうねんWang Kang-nian; Wang K`ang-nien

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

汪康年
おうこうねん
Wang Kang-nian; Wang K`ang-nien

[生]咸豊10(1860)
[没]宣統3(1911).天津
中国,清末のジャーナリスト。変法論者 (→変法自彊運動 ) として新聞界に活躍。浙江省杭州の人。初め名はこう年。字は梁卿。 19歳で名を康年,字を穣卿と改めた。光緒 20 (1894) 年進士に合格。同 16年以来武昌におもむき,張之洞のもとで両湖書院の教師などを歴任した。同 22年に上海で旬刊『時務報』を創刊し,同 24年には,日刊『時務日報』 (まもなく『中外日報』と改名) を刊行した。同年『時務報』が官報となったため,別に『昌言報』を刊行。同 33年,北京で日刊『京報』,宣統2 (1910) 年には『鄒言報』を創刊した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

汪康年の関連キーワード万延第二帝政ラトビア北京条約マイブリッジゲインズケスレルスペリードロッパーズバクストン