コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

時務報 じむほう Shi-wu-bao; Shih-wu-pao

2件 の用語解説(時務報の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

時務報
じむほう
Shi-wu-bao; Shih-wu-pao

中国,19世紀末に上海で発行された旬刊新聞。光緒 22 (1896) 年7月1日創刊。同 24年6月 21日刊の第 69号まで発行された。汪康年が社長,梁啓超が主筆で,改革思想を鼓吹,ことに梁の名文は多数の読者を獲得し,発行部数は1万部以上に達した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じむほう【時務報 Shí wù bào】

中国,清末の雑誌。清朝の弾圧で強学会とその機関誌《強学報》が禁止されたのち,黄遵憲などの援助を得,汪康年を経理として上海の租界で創刊された。1896年(光緒22)旧暦7月1日から98年6月21日まで,旬刊で計69冊が刊行。毎号およそ20余ページ,3万~4万字からなり,立憲君主制を鼓吹する論説,時事,外国新聞雑誌の翻訳などを掲載した。97年10月まで主筆をつとめた梁啓超の文章(《変法通議》など)によって,当時の改革主義思想の宣伝に大きな影響力をもった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

時務報の関連キーワード栄禄海上花列伝強学会広学会中国革命同盟会小誌清朝他誌旗兵清朝の満州語公文書

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone