コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

べんBian; Pien

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


べん
Bian; Pien

中国,北宋の都で現在の河南省開封をいう。古くから水陸の交通の要衝で,北朝の頃ここに 汴州がおかれた。五代後梁後晋後漢後周がこの地を都とし,次いで宋の首都となった (汴京,東京) 。靖康2 (1127) 年,軍の攻撃を受けて陥落し,は南遷して杭州に移った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

汴の関連キーワードカイフォン(開封)特別市参天台五台山記清明上河図東京夢華録清明上河遼金美術靖康の変狂態邪学通済渠韓林児蘇漢臣劉知遠燕文貴史達祖高季興許道寧花石綱高文進黄氏体殺狗記

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android