決定往生集(読み)けつじょうおうじょうしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

けつじょうおうじょうしゅう【決定往生集】

平安末期の仏書。東大寺三論宗の僧珍海の撰。1142年(康治1)完成。珍海は本書の冒頭で,自分をはじめ称名念仏による往生に確信のない人びとのため,文理をたずね考え,その疑いを晴らし〈決定往生〉の確信を得ようと述べており,本書著述の動機と書名の由来をうかがうことができる。本書は,平安末期の南都浄土教学を代表するもので,ことに称名念仏が往生の正因である理由を善導の《観経疏》就行立信条に求めた点,同じ三論宗の永観(ようかん)《往生拾因》とともに,後の法然の専修念仏説形成に少なからぬ影響を与えたと思われる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android