コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善導 ぜんどうShan-dao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

善導
ぜんどう
Shan-dao

[生]大業9(613)
[没]永隆2(681)
中国,唐の浄土教の大成者。臨 淄の人。光明寺の和尚,浄業和尚,終南大師などともいわれる。幼くして出家し,『観無量寿経』を学んで十六観法を修し,のち終南山の悟真寺で浄業を修す。その後道綽について浄土教を学び,浄土教の大成者となる。曇鸞,道綽系の浄土教は,善が大成したことから善導流ともいわれる。浄土五祖の第3祖,浄土真宗七高僧の第5と呼ばれ,長安を中心に浄土教を広め,念仏生活に終始した。特に口に出して「南無阿弥陀仏」と称えること (口称念仏) を教えた。その著『観無量寿経疏』 (4巻) は重要,ほかに『往生礼賛』 (1巻) ,『般舟讃』 (1巻) ,『法事讃』 (2巻) ,『観念法門』 (1巻) があり,部数にして5,巻数にして9であるから,5部9巻の聖教と呼ぶ。また,『阿弥陀経』を 10万巻書写し,浄土の姿を 300枚余描いたと伝えられている。日本の法然親鸞に絶大な影響を与えた。法然が専修念仏を唱道したのは,善導の『観無量寿経疏』の巻4,「散善義」のなかに,「一心に弥陀の名号を専念して,行住坐臥に,時節の久近を問はず,念々に捨てざる者は,是を正定の業と名づく,彼の仏願に順ずるが故に」という文に会ったことによるという。善導は仏と対話できた三昧発得の人といわれ,善導の念仏が長安に広まると,肉食を断ち,肉を買う者がなくなってしまった。そこでそれを職業としていた畜殺者の宝蔵が善導を殺害しようとしたが,善導の徳に打たれて,善導に帰依し,立派な念仏者となったという伝がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐どう〔‐ダウ〕【善導】

[名](スル)よいほうへ教え導くこと。よいみちびき。「非行少年を善導する」

ぜんどう【善導】[人名]

[613~681]中国、唐代の僧。臨淄(りんし)(山東省)の人という。中国浄土教を大成し、称名念仏三昧を唱導した。主著「観無量寿経疏」。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

善導【ぜんどう】

中国,唐代の仏僧。光明寺和尚,終南大師とも。曇鸞(どんらん),道綽(どうしゃく)の流れをくむ中国浄土教の大成者。長安を中心に終生念仏者として暮らした。著書《観無量寿経疏》《往生礼讃》などは日本の浄土教に大きく影響した。
→関連項目浄土宗法然

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんどう【善導 Shàn dǎo】

613‐681
中国,唐代の僧で,浄土教の大成者。俗姓は朱氏で,臨淄(りんし)(山東省)の人。初め三論宗を学び,《法華経》《維摩経》を誦したが,まもなく浄土変相図をみて浄土往生を願い,《観無量寿経》に基づいて十六観の観想を行った。やがて幷州(へいしゆう)(山西省)の玄中寺にいた道綽(どうしやく)のもとで修行し,その高弟と目された。のち終南山の悟真寺や国都長安の光明寺に住して,確信に満ちた念仏行と説法につとめ,多くの弟子を育てた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぜんどう【善導】

( 名 ) スル
よい方へ教え導くこと。 「非行少年を-する」

ぜんどう【善導】

613~681) 中国、唐初の僧で、浄土教の大成者。道綽どうしやくの弟子。著書に「観無量寿経疏」などがあり、日本の法然・親鸞に影響を与えた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

善導
ぜんどう
(613―681)

中国、唐初の浄土宗の高僧。山東省臨(りんし)または安徽(あんき)省泗州(ししゅう)の生まれという。姓は朱氏。少年のころ密州の明勝(めいしょう)法師に就いて出家。二十余歳のころ山西省石壁玄中寺にて道綽(どうしゃく)の門に入り、唱名(しょうみょう)念仏の信奉者となった。その後長安郊外の終南山悟真(ごしん)寺に隠棲(いんせい)し、ときにふれて長安光明寺の浄土院で念仏信仰を鼓吹した。その著述は「五部九巻」と俗称されるが、『観無量寿経疏(かんむりょうじゅきょうしょ)』(観経疏)は、従来の観念の念仏から進んで、一心にもっぱら弥陀(みだ)の名号(みょうごう)を唱える口称(くしょう)の念仏を中心とする浄土宗の真面目(しんめんもく)を明らかにしたものである。また、六朝(りくちょう)・隋(ずい)代に行われていた仏教儀礼としての礼讃(らいさん)類を再編集して、『往生礼讃偈(おうじょうらいさんげ)』を完成し、さらに『法事讃(ほうじさん)』『般舟讃(ばんじゅさん)』などを整備した。日本の法然(ほうねん)(源空)はこの『観経疏』に基づいて浄土宗を開創し、鎌倉時代における新民衆仏教の基礎を固めたのである。生涯に阿弥陀経を10万巻書写し、浄土曼荼羅(まんだら)三百鋪(ぽ)を描き、その阿弥陀経の残欠が1910年ころ吐峪溝で大谷探検隊によって発見された。また晩年、則天武后の洛陽(らくよう)竜門奉先寺の大毘盧遮那仏(だいびるしゃなぶつ)造立に検校(けんぎょう)としてその職を果たした。その墓所遺跡は神禾原香積(こうしゃく)寺にあり、1980年、1300年の遠忌(おんき)に際してそこに堂宇が建立された。[牧田諦亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の善導の言及

【安心】より

…天台宗では,智顗(ちぎ)が止観を達成して法性(ほつしよう)の理に安住することを表した。善導以後,浄土系諸宗では広くこの語を用い,阿弥陀仏の救いを信じて往生を願う心を表現した。善導は《観無量寿経》の説く三心(至誠心,深心,回向発願心)を往生の正因とし,三心具足の念仏を説いたが,浄土宗(鎮西)では,安心に総・別を立て,往生を願う別安心のほかに,通仏教的な菩提心を総安心とし,西山派では,自力を捨て弥陀の弘願に帰する領解(りようげ)の心を安心とし,真宗では,弥陀をたのむ信の一念の起こるところを安心決定とする。…

【玄中寺】より

…のちに涅槃経を修めていた道綽(どうしやく)が,609年(隋の大業5)48歳のときにこの寺にきて曇鸞の碑文をよみ,浄土教に帰したとされる。さらに善導が,この寺に道綽を訪ねて教えを請うた。つまり浄土宗の三祖ゆかりの仏跡として知られる。…

【懺悔】より

…彼は〈六根の懺悔〉を説いたが,それは流涙悲泣して感覚器官と意識のすべて(六根)を浄化することであった。この考えは善導にいたって〈懺悔三品〉を生んだ。すなわち身体の毛穴と眼から血を流すのが上品の懺悔,毛穴から熱汗,眼から血を流すのが中品の懺悔,全身が熱くなって眼から涙を流すのが下品の懺悔である。…

【浄土教】より

…ただし,慧遠を中心とする結社は高僧隠士の求道の集まりで,主として《般舟三昧経》に依拠して見仏を期し,各人が三昧の境地を体得しようと志すものであって,ひろく大衆を対象とする信仰運動ではなかった。日本の法然,親鸞らを導いた純浄土教義と信仰は,北魏末の曇鸞(どんらん)に始まり,道綽(どうしやく)を経て善導によって大成される。はじめ竜樹系の空思想に親しんでいた曇鸞は,洛陽でインド僧の菩提流支に会い,新訳の世親撰《無量寿経論》を示されて浄土教に回心し,のち山西の玄中寺でこれを注解した《往生論註》を撰述し,仏道修行の道として仏の本願力に乗ずる易行道につくことを宣布するとともに,いわゆる〈浄土三部経〉を浄土往生の信仰の中心とする浄土教義をうちたてた。…

【浄土教美術】より

…中国での前記浄土2経の翻訳はすでに2世紀にさかのぼるが,阿弥陀如来の造像は記録上では4世紀をさかのぼりえない。しかし浄土信仰の台頭は5世紀初めの慧遠(えおん)による結社念仏をもって嚆矢(こうし)とし,6世紀以降北魏に曇鸞(どんらん),隋・唐期に道綽(どうしやく),善導が現れて中国浄土教の最盛期を迎えた。6世紀初めには竜門石窟において無量寿仏の名で阿弥陀如来が造立され,同じころから阿弥陀三尊や阿弥陀浄土を表す〈西方極楽浄土変〉(変相図)が作られるようになった。…

【当麻曼荼羅】より

…当麻曼荼羅は日本で最も広く流布した観経変の一つで,奈良時代にさかのぼる原本を伝える。本図の図相の典拠は,7世紀中国浄土教の隆盛を築いた善導の《観無量寿経疏》とみられ,きわめて完成された構成を示す。画面の中央に極楽浄土の情景を精細に表す点は他の浄土変と異ならないが,その左右と下辺の外縁部分に同疏にもとづいて《観無量寿経》の経意を描いているところに特色がある。…

【罪】より

…紀元後にインドで成立した浄土教は,このように原始仏教以来の倫理的な罪悪観をいっそう掘り下げたところに特徴があった。そしてこれが中国に伝えられると,唐代に活躍した善導によって浄土教の罪業意識はさらに深く追求され,やがて日本の親鸞の思想に大きな影響を与えた。すなわち親鸞によれば,人間は本質的に罪悪深重(ざいあくじんじゆう)の凡夫であり,救われざる存在であるが,しかしただ一つ阿弥陀仏の他力を信ずること=他力本願を通して救われるのだ,という(《歎異抄》)。…

【涙】より

…イエズス会の創立者であるイグナティウス・デ・ロヨラは,その《心霊日記》のなかで,祈りと観想のなかで流した涙について克明に記述し,ときに過度の流涙によって失明するのではないかとのおそれを告白している。また中国の浄土教の大成者である善導は,《往生礼讃偈》のなかで3種の懺悔を挙げ,流血・流涙による懺悔の重要性について論じているが,この考えは日本の親鸞の《教行信証》にも受けつがれた。流涙の現象は,現実の視覚的な世界を涙の膜によって一時的に覆いかくすけれども,しかし同時に,まったく別個の想像上の体験もしくは世界をそこに現そうとする主体的な行為でもある。…

【法然】より

…黒谷には43歳まで居たが,法然が生涯持戒の清僧ですごし,伝戒の師として貴ばれたのも,この黒谷時代があったからである。源信の《往生要集》の研鑽につとめ,この書に引かれている唐の善導の著作にひかれ,その教学に傾倒していった。やがて善導の《観経疏(かんぎようしよ)》の散善義の〈一心に専ら弥陀の名号を念じて,行住坐臥に,時節の久近(くこん)を問はず,念々に捨てざる,これを正定(しようじよう)の業(ごう)と名づく,かの仏の願(がん)に順ずるが故に〉という一文に出会い,〈たちどころに余行をすて,ここに念仏に帰〉した(《選択(せんちやく)本願念仏集》)。…

【臨終】より

…それによると,無常院の堂内には仏の立像を西方に向けて安置し,その像手に五色の布をかけて後ろに垂らしたのを,背後に横臥した病者にもたせて往生を願わせる,というものであった。また同じ唐代に出た善導の《観念法門》には,病人と看病人の関係が説かれている。すなわち臨終の場面では,病人に罪相(苦しみの相)と前境(法悦の相)が交替してあらわれるが,看病人はそれを病人に問いただして記録し,病人が前境の状態のまま死を迎えることができるよう,ともに念仏を唱えて助けなければならないといっている。…

【六時礼讃】より

…浄土系諸宗と浄土真宗系の一部の宗派の法要に用いる。詞章は唐の善導(ぜんどう)の作で,各曲の中心部分は,〈南無至心帰命礼,西方阿弥陀仏〉などで始まり,〈願共諸衆生,往生安楽国〉などで終わる同形式の20節以上を重ねる。曲節は宗派によって異なるが,数節を1段として,初重(しよじゆう)・二重・三重(または下音・中音・上音)と称する低・中・高音域の旋律型にまとめるという点で一致している。…

※「善導」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

善導の関連キーワード福岡県久留米市善導寺町飯田群馬県吾妻郡東吾妻町原町奈良県奈良市来迎寺町福島県郡山市清水台善導寺(寺)BBS運動観経四帖疏九帖の御書神居 琳応ベンサム思想善導神居琳応非行少年往生論註報徳思想浄土八祖二河白道六時礼讃六時礼賛保護処分

善導の関連情報