コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

往生拾因 おうじょうじゅういん

世界大百科事典 第2版の解説

おうじょうじゅういん【往生拾因】

東大寺三論宗永観(ようかん)撰。1103年(康和5)の成立と伝える。念仏の一行は10種の因あるがゆえに,一心に称名念仏すれば必ず往生を得ることを10項目にわたって述べ,顕密諸宗と比較して,念仏は行住坐臥を妨げず,極楽は道俗貴賤を選ばず,衆生の罪もひとしく救済されると説き,これを〈念仏宗〉と称した。本書は念仏者たちの間に大きな影響を与え,競って書写されたといわれる。【西口 順子

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

往生拾因の関連キーワード永観(ようかん)智光曼荼羅決定往生集末法思想

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android