コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

往生拾因 おうじょうじゅういん

世界大百科事典 第2版の解説

おうじょうじゅういん【往生拾因】

東大寺三論宗永観(ようかん)撰。1103年(康和5)の成立と伝える。念仏の一行は10種の因あるがゆえに,一心に称名念仏すれば必ず往生を得ることを10項目にわたって述べ,顕密諸宗と比較して,念仏は行住坐臥を妨げず,極楽は道俗貴賤を選ばず,衆生の罪もひとしく救済されると説き,これを〈念仏宗〉と称した。本書は念仏者たちの間に大きな影響を与え,競って書写されたといわれる。【西口 順子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

往生拾因の関連キーワード永観(ようかん)智光曼荼羅決定往生集末法思想

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android