コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

決疑法 けつぎほうcasuistry

翻訳|casuistry

1件 の用語解説(決疑法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けつぎほう【決疑法 casuistry】

〈事例〉を意味するラテン語casusに由来し,一般にある学問における原則を特定の事例に適用する方法を指すが,キリスト教神学においては道徳的原理を個別的事例に適用することにかかわる,倫理神学の一部門を意味する。われわれは道徳的原理については確実に知っていても,その下にふくまれるすべての個別的事例を熟知しているわけではないから,決疑法は道徳問題に関して指導,助言すべき責務をおびる者にとって有益かつ必要である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone