コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

決疑法 けつぎほう casuistry

翻訳|casuistry

1件 の用語解説(決疑法の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けつぎほう【決疑法 casuistry】

〈事例〉を意味するラテン語casusに由来し,一般にある学問における原則を特定の事例に適用する方法を指すが,キリスト教神学においては道徳的原理を個別的事例に適用することにかかわる,倫理神学の一部門を意味する。われわれは道徳的原理については確実に知っていても,その下にふくまれるすべての個別的事例を熟知しているわけではないから,決疑法は道徳問題に関して指導,助言すべき責務をおびる者にとって有益かつ必要である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

決疑法の関連キーワードクレドジャーナリズム想像力ドーム武勲詩シエスタマチスモ羅甸ショパン:幻想即興曲 嬰ハ短調 (遺作)/piano solo第3手根骨 (3rd carpal bone)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone