コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沂風 きふう

1件 の用語解説(沂風の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沂風 きふう

1752-1800 江戸時代中期-後期の俳人。
宝暦2年生まれ。真宗高田派の僧侶。五升庵蝶夢(ごしょうあん-ちょうむ)に俳諧(はいかい)をまなぶ。安永7年近江(おうみ)大津の義仲寺無名庵主となり,蝶夢の芭蕉(ばしょう)復興運動をたすけて芭蕉九十回忌をおこない,粟津文庫を修築した。寛政12年4月死去。49歳。俗姓は塩路。名は琳澄。別号に得往,方広坊,爾時庵。編著に「萩のむしろ」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

沂風の関連キーワード奥村邦具奥村茶山祇尹国佐(2代)帯山与兵衛(3代)土岐頼香鳥飼野人丹羽雲気細井錦城山彦二朝

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone