コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沅江 げんこう

3件 の用語解説(沅江の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沅江
げんこう

「ユワン (沅) 江」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

げんこう【沅江 Yuán jiāng】

中国湖南省西部を流れる河。上流は清水江と呼び,貴州省の雲霧山に源を発する。湖南省黔陽(けんよう)県黔城鎮から下流を沅江と呼ぶ。北東に流れて辰渓県,沅陵県,常徳市を経て,漢寿県で洞庭湖に注ぐ。全長993km,流域面積は8万9900km2。巫水,辰水,酉水などの支流がある。貴州省天柱県遠口鎮より下流は航行可能で,湖南~貴州省間の重要な交通路である。包蔵水力も多く,安江,五強渓,鶯碧灘などの水力発電所も設けられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


げんこう / ユワンチヤン

中国、湖南(こなん/フーナン)省を流れる川。長江(ちょうこう/チャンチヤン)(揚子江(ようすこう/ヤンツーチヤン))水系に属する。上流は清水江といい、貴州(きしゅう/コイチョウ)省南部、苗嶺(びょうれい)の雲霧(うんむ)山に源を発し、湖南省黔陽(けんよう/チエンヤン)県の黔城鎮に至って初めて江とよばれる。北東方に流れ、辰渓(しんけい)陵、桃源、常徳市を経て漢寿で洞庭湖(どうていこ/トンティンフー)に注ぐ。長さ993キロメートル、流域面積約8万9900平方キロメートル。おもな支流に巫水(ふすい)、辰水(しんすい)、酉水(ゆうすい)などがある。貴州省天柱県遠口鎮より下流は舟運が通じ、貴州省東部と湖南省南西部の材木その他農林産物の輸送路として重要である。[河野通博]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沅江の関連キーワード磐井川衛河永定河泗水資水西江瀟湘蒼梧留萌川灕江

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone