コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沈師正 ちんしせい Sim Sa-jǒng

2件 の用語解説(沈師正の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沈師正
ちんしせい
Sim Sa-jǒng

[生]粛宗33(1707)
[没]英祖45(1769)
朝鮮,李朝時代の画家。字は煕叔,号は玄斎,幼時から絵を鄭ぜん (ていぜん) に学び,古画を研究してついに一家をなした。山水画を得意とし,画風は中国清代の南画の影響を強く受けたものであった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しんしせい【沈師正 Sim Sa‐jŏng】

1707‐69
朝鮮,李朝時代の画家。青松の人。字は頤叔,号は玄斎。鄭敾(ていぜん)(謙斎),趙栄祏(ちようえいせき)(観我斎)と併せて,善画の〈士人三斎〉と称される。山水,花卉(かき),草虫,翎毛(れいもう)と作画範囲は広く,指頭画も試みている。山水図は浙派,または明代院体画を主体に,新たに呉派系列の南宗画の影響を大きく受けている。代表作は《灞橋尋梅図》《江上夜泊図》(ともに韓国国立中央博物館)など。【吉田 宏志】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

沈師正の関連キーワード王巌趙希遠潘曙馮仙湜李霆侯翼李巌申潤福張承業鄭敾

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone