コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄭ぜん ていぜんChǒng Sǒn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鄭ぜん
ていぜん
Chǒng Sǒn

[生]粛宗2(1676)
[没]英祖35(1759)
朝鮮,李朝時代の図画署の画員。字は元伯,号は謙斎,蘭谷。沈師正 (玄斎) ,趙栄 祏 (ちょうえいせき) とともに士人三斎と並び称された山水画の名手。斧劈皴 (ふへきしゅん) (→皴法 ) をもとに垂直墨簾皴と呼ばれる独自の技法を生み出し,従来の観念的な中国山水画ではない,朝鮮の自然や風景を写生した真景山水画を完成させた。遺品には連作『金剛山画冊』 (ソウル大学校博物館) をはじめ,『清風渓図』『仁谷幽居図』などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

鄭ぜんの関連キーワード朝鮮絵画図画署英祖

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android