コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沈復 しんふくShen Fu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沈復
しんふく
Shen Fu

[生]乾隆28(1763)
[没]嘉慶13(1808)以後
中国,清の随筆家。江蘇省蘇州の人。字,三白。父の稼夫 (かふ) と同じく地方長官の幕客 (私的政治顧問) として一生の大半を過した。詩文に長じ画家としても名があったが,愛妻陳芸 (ちんうん) との思い出を中心とする自伝『浮生六記 (ふせいろっき) 』が特に有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の沈復の言及

【浮生六記】より

…中国,清代中期の沈復(しんふく)(1763‐?。字は三白)の思い出の手記。…

※「沈復」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

沈復の関連キーワード詩文三白嘉慶

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android