コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沈復 しんふく Shen Fu

1件 の用語解説(沈復の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沈復
しんふく
Shen Fu

[生]乾隆28(1763)
[没]嘉慶13(1808)以後
中国,清の随筆家。江蘇省蘇州の人。字,三白。父の稼夫 (かふ) と同じく地方長官の幕客 (私的政治顧問) として一生の大半を過した。詩文に長じ画家としても名があったが,愛妻陳芸 (ちんうん) との思い出を中心とする自伝『浮生六記 (ふせいろっき) 』が特に有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の沈復の言及

【浮生六記】より

…中国,清代中期の沈復(しんふく)(1763‐?。字は三白)の思い出の手記。…

※「沈復」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

沈復の関連キーワード朱昴之張宗蒼馮敏昌嘉慶帝没・歿勃・歿・没和珅Diaz de la Peña,N.《嘉慶会典》

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone