沓付(読み)くつづけ

精選版 日本国語大辞典「沓付」の解説

くつ‐づけ【沓付】

〘名〙 雑俳一種。上五をつける笠付の流行をうけて行なわれ、下の五文字をとして出しておき、それに上・中の二句を付けるもの。袴付(はかまづけ)。⇔冠付(かむりづけ)笠付(かさづけ)
※雑俳・若えびす(1702)「沓付〈略〉△はなしどり どいやくや鳥屋がかごははなし鳥」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android