コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

冠付け カムリヅケ

デジタル大辞泉の解説

かむり‐づけ【冠付け】

雑俳の一種。題として出された上5文字に中7字・下5字を付けて1句に仕立てるもの。元禄(1688~1704)ごろに始まる。江戸での呼称で、上方(かみがた)では笠付(かさづ)けといった。かんむりづけ。烏帽子付(えぼしづ)け。句(かむりく)。→沓付(くつづ)け

かんむり‐づけ【冠付け】

かむりづけ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かむりづけ【冠付け】

雑俳の一種。点者が出した上五文字(冠)に中七文字・下五文字を付けて一句立てにするもの。元禄(1688~1704)頃より行われた。一般に江戸での称で、上方では笠付かさづけと称した。「夜も寝ずに」という冠に対し、「かるたに痩する松の内」と付ける類。烏帽子えぼし付け。頭かしら付け。かんむり付け。冠句。 → 沓付くつづ

かんむりづけ【冠付け】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

冠付けの関連キーワード三笠付けつづ冠付

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冠付けの関連情報