冠付け(読み)カムリヅケ

デジタル大辞泉の解説

かむり‐づけ【冠付け】

雑俳の一種。題として出された上5文字に中7字・下5字を付けて1句に仕立てるもの。元禄(1688~1704)ごろに始まる。江戸での呼称で、上方(かみがた)では笠付(かさづ)けといった。かんむりづけ。烏帽子付(えぼしづ)け。句(かむりく)。→沓付(くつづ)け

かんむり‐づけ【冠付け】

かむりづけ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かむりづけ【冠付け】

雑俳の一種。点者が出した上五文字(冠)に中七文字・下五文字を付けて一句立てにするもの。元禄(1688~1704)頃より行われた。一般に江戸での称で、上方では笠付かさづけと称した。「夜も寝ずに」という冠に対し、「かるたに痩する松の内」と付ける類。烏帽子えぼし付け。頭かしら付け。かんむり付け。冠句。 → 沓付くつづ

かんむりづけ【冠付け】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

冠付けの関連情報