コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖一峨 おき いちが

2件 の用語解説(沖一峨の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沖一峨 おき-いちが

1797*-1855 江戸時代後期の画家。
寛政8年12月25日生まれ。因幡(いなば)鳥取藩の絵師沖探容(たんよう)の養子となる。天保11年家督をつぎ,江戸藩邸で画業に専念する。沖氏は代々狩野派であるが,琳派風に写実をくわえた極彩色の花鳥画を得意とした。安政2年8月13日死去。60歳。江戸出身。本姓は児玉。名は貞。字(あざな)は子仰,子卿。別号に淵泉,探三斎,静斎など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

沖一峨

没年:安政2.8.13(1855.9.23)
生年:寛政8.12.25(1797.1.22)
江戸後期の画家。江戸深川の児玉家に生まれ,のち,鳥取藩主池田家の御用絵師沖家に養子として入る。名は貞。字は子仰,号を静斎,探三斎といった。養父探容が天保10(1839)年に没したため,一峨は翌11年跡目を相続し,30俵5人扶持で召し抱えられた。一峨は鍛冶橋狩野家の探信守道に学んだが,独自に南蘋派の写生画風や琳派をも学び,琳派風に写実を加えた花鳥画を多く遺す。作品に「四季草花図」(鳥取県立博物館寄託),「因州侯庭園図」(東京国立博物館蔵)ほか。

(安村敏信)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沖一峨の関連キーワード巣見来山青広胤高橋波藍森白鳳渡辺松臺鏑木雲洞斎藤抱山児玉満昌児玉能満出三

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone