コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖一峨 おき いちが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沖一峨 おき-いちが

1797*-1855 江戸時代後期の画家。
寛政8年12月25日生まれ。因幡(いなば)鳥取藩の絵師沖探容(たんよう)の養子となる。天保11年家督をつぎ,江戸藩邸画業に専念する。沖氏は代々狩野派であるが,琳派風に写実をくわえた極彩色花鳥画を得意とした。安政2年8月13日死去。60歳。江戸出身。本姓は児玉。名は貞。字(あざな)は子仰,子卿。別号に淵泉,探三斎,静斎など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

沖一峨

没年:安政2.8.13(1855.9.23)
生年:寛政8.12.25(1797.1.22)
江戸後期の画家。江戸深川の児玉家に生まれ,のち,鳥取藩主池田家の御用絵師沖家に養子として入る。名は貞。字は子仰,号を静斎,探三斎といった。養父探容が天保10(1839)年に没したため,一峨は翌11年跡目を相続し,30俵5人扶持で召し抱えられた。一峨は鍛冶橋狩野家の探信守道に学んだが,独自に南蘋派の写生画風や琳派をも学び,琳派風に写実を加えた花鳥画を多く遺す。作品に「四季草花図」(鳥取県立博物館寄託),「因州侯庭園図」(東京国立博物館蔵)ほか。

(安村敏信)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

沖一峨の関連キーワード松本 楓湖佐竹永湖飯島光峨根本幽峨松本楓湖沖守固沖剛介

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沖一峨の関連情報