コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖家室島 おきかむろじま

1件 の用語解説(沖家室島の意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沖家室島
おきかむろじま

山口県南東部、周防(すおう)大島(大島)南東方にある島。大島郡周防大島町に属する。面積0.95平方キロメートル。狭い家室迫戸(かむろぜと)を隔てて大島と対置し、沖家室大橋で結ばれる。天保(てんぽう)年間(1830~1844)には家数448軒、人口2394人を数え、内海航路に沿う港町として栄えた。明治以降は一本釣りや延縄(はえなわ)をもって朝鮮近海、黄海、台湾沖までも出漁した漁村として知られている。人口202(2000)。[三浦 肇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の沖家室島の言及

【屋代島】より

…明治以降は多くの海外移民を送り出したことで知られる。前島,浮(うか)島,情(なさけ)島,沖家室(おきかむろ)島,笠佐島などの付属島嶼(とうしよ)を含めて山口県大島郡(面積140km2,人口2万8750。1995)を構成しており,久賀,大島,東和,橘の4町がある。…

※「沖家室島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沖家室島の関連情報