コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖積錐 チュウセキスイ

デジタル大辞泉の解説

ちゅうせき‐すい【沖積×錐】

小規模で傾斜のやや急な扇状地

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうせきすい【沖積錐】

やや傾斜が急な扇状地。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の沖積錐の言及

【扇状地】より

…また,堆積物の粒子が小さいほど緩傾斜となる。扇状地のうち傾斜のゆるやかなものを沖積扇,傾斜が急で崖錐との中間的なものを沖積錐alluvial cornと称することがある。なお,扇状地の縦断面形は扇頂部で最大傾斜を示し,扇端部に向けて緩傾斜となる。…

※「沖積錐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android