コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沖積扇状地 ちゅうせきせんじょうちalluvial fan

2件 の用語解説(沖積扇状地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沖積扇状地
ちゅうせきせんじょうち
alluvial fan

山地から平地へ流出する河川が,運搬物質を堆積して生じた扇形の平面形をもつ地形。等高線は谷の出口を中心として同心円状の配列を示す。山麓の堆積面であるため比較的粗粒の砂礫から成る。透水性が大で地下水面が深く,河川水は地下に浸透しやすく,末無川となることもある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の沖積扇状地の言及

【扇状地】より

…扇状地の頂点に近い部分を扇頂,中央部を扇央,末端部を扇端とよぶ。乾燥地域の山麓部に扇状に発達し,主として浸食作用によって形成された岩石扇状地と区別する場合には,特に沖積扇状地とよぶ。
[扇状地の形成条件]
 扇状地が形成されるためには,上流地域の地形,地質,気候,植生に関する諸条件と,形成される場所の地形,地質的条件が重要な意味を持つ。…

※「沖積扇状地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone