コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沙奈具那 さなぐな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沙奈具那 さなぐな

?-? 飛鳥(あすか)時代の豪族。
斉明(さいめい)天皇4年(658)阿倍比羅夫(あべの-ひらふ)の蝦夷(えみし)攻めで服属出羽(でわ)渟代(ぬしろ)郡(秋田県)の大領に任じられ,小乙下(しょうおつげ)をさずけられる。蝦夷の戸数や人口の調査を命じられた。沙尼具娜(さにぐな)ともいう。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

沙奈具那の関連キーワードあすか飛鳥豪族

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android