沢ゆき(読み)さわ ゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢ゆき さわ-ゆき

1893-1972 大正-昭和時代の詩人。
明治26年2月15日生まれ。川路柳虹(りゅうこう)に師事し,「炬火(たいまつ)」などの詩誌に叙情詩を発表。大正10年の詩集「孤独の愛」は島崎藤村から激賞された。昭和47年11月29日死去。79歳。茨城県出身。共立女子職業学校(現共立女子大)卒。旧姓は相沢。本名は飯野ゆき。詩集に「」「浮草」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android