コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沢村琴所 さわむら きんしょ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

沢村琴所 さわむら-きんしょ

1686-1739 江戸時代中期の儒者。
貞享(じょうきょう)3年3月5日生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩士。伊藤東涯(とうがい)の門にはいり,のち荻生徂徠(おぎゅう-そらい)の学をおさめた。彦根城南の松雨亭で子弟をおしえ,詩歌もよくした。元文4年1月9日死去。54歳。名は維顕,字(あざな)は伯陽(楊)。通称は九(宮)内。著作に「閑窓集」「富強録」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さわむらきんしょ【沢村琴所】

1686~1739) 江戸中期の儒者・詩人。近江の人。名は維顕、字あざなは伯揚。伊藤東涯に師事し、のちに徂徠学に傾倒した。著「琴所縞刪」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

沢村琴所の関連キーワード野村東皐種村箕山伊沢方勝儒者貞享

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android