コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

服部梅圃 はっとり ばいほ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

服部梅圃 はっとり-ばいほ

1686-1755 江戸時代中期の武士。
貞享(じょうきょう)3年生まれ。上総(かずさ)(千葉県)飯野藩士。三宅尚斎(しょうさい)にまなぶ。父の跡をついで藩領の摂津豊島郡(大阪府)の代官となり,朱子学の教えを実践して善政をおこなう。元文4年(1739)郡代。宝暦5年11月12日死去。70歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。名は行命。通称は与右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

服部梅圃の関連キーワード服部栗斎

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android