コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河副荘 かわそえのしょう

百科事典マイペディアの解説

河副荘【かわそえのしょう】

肥前国佐嘉(さか)郡にあった荘園で,現在の佐賀県佐賀郡川副町(現・佐賀市)と佐賀市北川副町に比定される。《長秋記》大治5年(1130)7月20日条によると山城最勝寺領で,年額2000石の米を貢納することになっていたが,立荘されたばかりであったので800石しか到来しなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かわそえのしょう【河副荘】

肥前国佐嘉郡(現,佐賀県佐賀市北川副町,佐賀郡川副町)にあった荘園。この地域は有明海に面した干潟が陸地化したものであるが,《長秋記》大治5年(1130)7月20日の条に,〈最勝寺御庄,肥前国河副,本数二千石也〉と見えるのが初見史料で,山城国最勝寺領であったことがわかる。ところが新立荘園であったので,年貢2000石のうち,到来したのは800石に過ぎなかった。この地を寄進した大僧正申状によると,田数が作満していないために,年貢2000石を進めることができないと述べている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

河副荘の関連キーワード佐賀(県)川副[町]大江広元得宗地頭

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android