コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河副荘 かわそえのしょう

百科事典マイペディアの解説

河副荘【かわそえのしょう】

肥前国佐嘉(さか)郡にあった荘園で,現在の佐賀県佐賀郡川副町(現・佐賀市)と佐賀市北川副町に比定される。《長秋記》大治5年(1130)7月20日条によると山城最勝寺領で,年額2000石の米を貢納することになっていたが,立荘されたばかりであったので800石しか到来しなかった。その後南部の干潟が耕地化し,1292年には1067丁余の広大な荘園となる。鎌倉時代大江広元らが惣地頭に補任され,荘内に極楽寺を建立,灯油免田1町を寄進している。鎌倉時代末期には得宗(とくそう)領化した。河副本荘・河副南北荘などと記される史料もあり,河副本荘は河副北荘と同一で,河副荘北方分ともよばれた。河副南荘は南部干潟が耕地化した部分で,現佐賀市川副町域に相当し,河副荘南方分あるいは河副新荘ともよばれた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かわそえのしょう【河副荘】

肥前国佐嘉郡(現,佐賀県佐賀市北川副町,佐賀郡川副町)にあった荘園。この地域は有明海に面した干潟が陸地化したものであるが,《長秋記》大治5年(1130)7月20日の条に,〈最勝寺御庄,肥前国河副,本数二千石也〉と見えるのが初見史料で,山城国最勝寺領であったことがわかる。ところが新立荘園であったので,年貢2000石のうち,到来したのは800石に過ぎなかった。この地を寄進した大僧正申状によると,田数が作満していないために,年貢2000石を進めることができないと述べている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

河副荘の関連キーワード佐賀(県)川副[町]

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android