コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河副荘 かわそえのしょう

2件 の用語解説(河副荘の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

河副荘【かわそえのしょう】

肥前国佐嘉(さか)郡にあった荘園で,現在の佐賀県佐賀郡川副町(現・佐賀市)と佐賀市北川副町に比定される。《長秋記》大治5年(1130)7月20日条によると山城最勝寺領で,年額2000石の米を貢納することになっていたが,立荘されたばかりであったので800石しか到来しなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

かわそえのしょう【河副荘】

肥前国佐嘉郡(現,佐賀県佐賀市北川副町,佐賀郡川副町)にあった荘園。この地域は有明海に面した干潟が陸地化したものであるが,《長秋記》大治5年(1130)7月20日の条に,〈最勝寺御庄,肥前国河副,本数二千石也〉と見えるのが初見史料で,山城国最勝寺領であったことがわかる。ところが新立荘園であったので,年貢2000石のうち,到来したのは800石に過ぎなかった。この地を寄進した大僧正の申状によると,田数が作満していないために,年貢2000石を進めることができないと述べている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

河副荘の関連キーワード井上萬二佐賀県佐賀市佐賀医科大学佐賀大学佐賀城御宴佐嘉神社どんぐり村佐賀空襲

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone