河原保寿(読み)かわはら ほうじゅ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河原保寿 かわはら-ほうじゅ

1714-1783 江戸時代中期の書家,画家。
正徳(しょうとく)4年生まれ。はじめは大坂屋七郎兵衛といい,代々江戸の商人だったが,保寿の代になり,書籍および金石古帖を買いあつめ財産をうしなう。書を松下烏石(うせき)にまなぶ。また中国の元(げん)・明(みん)時代の画を研究し,花鳥・山水・人物画をえがいた。天明3年9月11日死去。70歳。字(あざな)は子昌。通称は大坂屋茂助。号は中台,鵲巣。姓は小河とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android