コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松下烏石 まつした うせき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松下烏石 まつした-うせき

1699-1779 江戸時代中期の書家。
元禄(げんろく)12年生まれ。儒学服部南郭に,書を佐々木文山,細井広沢にまなんだ。門人飯田百川,脇田(わきだ)赤峰ら。安永8年9月23日死去。81歳。姓は葛山,葛とも。名は辰,曇一。字(あざな)は君岳。別号に東海陳人など。著作に「書学大概」「櫂推(とうすい)字原」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

松下烏石の関連キーワード成田道日徳脇田赤峰熊本華山松下葵岡細井竹岡万庵原資河原保寿吉田東岳韓天寿葛烏石

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android