コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河原朝嵐 かわら ちょうらん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河原朝嵐 かわら-ちょうらん

1809-1879 江戸時代後期の弓術家。
文化6年生まれ。越前(えちぜん)(福井県)丸岡藩士。安政2年(1855)大和流弓道取立役となる。のち江戸にでて,奏者番となった藩主有馬道純(みちすみ)を補佐した。明治元年藩政改革に論陣をはったがいれられず,職をしりぞいた。明治12年3月3日死去。71歳。名は知致。通称は岩五郎,兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

河原朝嵐の関連キーワードカルル13世ボアボードランおもなお雇い外国人オールコッククーパームラビヨフロッシュ大草公弼三枝斐子ムラヴィヨーフ

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android