コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河村文鳳 かわむら ぶんぽう

美術人名辞典の解説

河村文鳳

江戸後期の画家。京都生。名は亀、字は駿声(俊声)・別号に馬声・五游・有毛・首陽館・竹裏館・白竜堂。岸駒に師事し、人物・山水を能くする。また俳諧も能くし、上田秋成とも交遊があった。『文鳳画譜』『文鳳山水画譜』を残し、歌川国芳などの浮世絵師に影響を与えた。女婿埼鳳が後を継いだ。文政4年(1821)歿、43才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河村文鳳 かわむら-ぶんぽう

1779-1821 江戸時代後期の画家。
安永8年生まれ。はじめ岸駒(がんく)に,のち各派の画家にまなんで独自の画風をきずき,人物・山水画にすぐれた。文化4年「文鳳画譜」をあらわす。俳諧(はいかい)にもひいで,おおくの俳画をえがいた。文政4年死去。43歳。京都出身。名は亀。字(あざな)は駿声,五游。別号に有毛,首陽館。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone