コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河津暹(読み)かわづ せん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河津暹 かわづ-せん

かわづ-すすむ

河津暹 かわづ-すすむ

1875-1943 明治-昭和時代前期の経済学者。
明治8年1月20日生まれ。40年母校東京帝大の教授となる。社会政策学派の学説によって,経済原論,経済史などをおしえた。昭和18年3月28日死去。69歳。東京出身。著作に「経済原論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

河津暹

没年:昭和18.3.28(1943)
生年:明治8.1.20(1875)
明治から昭和期まで活躍した経済学者。東京府出身。妻は神田乃武(神田孝平の養子)の娘,高木八尺は妻の兄弟。帝大卒。東京帝大経済学部教授,学部長。帝国学士院会員。経済原論の担当で,社会政策学派の経済学に依拠しつつ,価値論は限界効用説をとっていた。社会政策学派としては最後尾に属す。<著作>『経済原論』『経済政策体系』全9巻<参考文献>『東京大学百年史 部局史1』

(藤井隆至)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android