植民政策(読み)しょくみんせいさく

精選版 日本国語大辞典「植民政策」の解説

しょくみん‐せいさく【植民政策】

〘名〙 植民地の支配・経営に関する政策掠奪・自治・同化など種々の形態がとられるが、基本的には植民地を本国のために有効に利用することを目的として行なわれる。
※南国記(1910)〈竹越与三郎〉五「此等の著書によりて煽揚せられたる人心と相吻合し、千八百七十年の議会には殖民政策に関して討議を開くに至り」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「植民政策」の解説

しょくみん‐せいさく【植民政策】

植民地の統治・経営に関する政策。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android