コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河津祐邦 かわづ すけくに

2件 の用語解説(河津祐邦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河津祐邦 かわづ-すけくに

?-1868 幕末の武士。
幕臣。新徴組組頭から文久3年外国奉行となり,横浜鎖港交渉副使として正使池田長発(ながおき)とヨーロッパにわたる。帰国後,鎖港の不可能を報告して免職となるが,のちゆるされて長崎奉行となり,慶応4年外国事務総裁などを歴任。慶応4年3月死去。江戸出身。通称は三郎太郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

河津祐邦

没年:明治1.3(1868)
生年:生年不詳
幕末の幕臣で,蝦夷地探検開拓者。安政1(1854)年松前藩蝦夷地用掛堀利〓に従い徒目付として蝦夷各地を調査,のち箱館奉行支配調役,組頭と累進し,同3年東蝦夷地に領地を松前藩より受領。五稜郭建設,北蝦夷地開拓に尽力。文久2(1862)年帰府し新徴組組頭。翌3年外国奉行となり,大久保忠恕,池田長発と共に横浜鎖港につき英・仏公使と会談,遣欧使節にも副使として参加したが,パリ交渉で開国の必要を痛感し,パリ約定調印後直ちに帰国し元治1(1864)年幕府に建議,逆に忌諱に触れ免職。のち許され歩兵頭並となり,関東郡代,勘定奉行,長崎奉行。長崎では浦上キリシタン問題に当たったが,ほどなく官軍進駐により脱走。明治1(1868)年には外国事務総裁,若年寄を歴任して,瓦解期幕府の整理につとめた。明治前期の官吏河津祐之は子。<参考文献>岡田健蔵『函館市功労者小伝』

(岩壁義光)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

河津祐邦の関連キーワード蝦夷志蝦夷奉行松前奉行開拓者コエルエル白川伊右衛門杉浦誠滝本金蔵早川弥五左衛門福居芳麿

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone