コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河越重頼妻 かわごえ しげよりの つま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

河越重頼妻 かわごえ-しげよりの-つま

?-? 平安後期-鎌倉時代の女性。
源頼朝の乳母比企(ひきの)尼の娘。寿永元年源頼家の乳母となる。娘は頼朝の命で源義経の妻となったが,文治(ぶんじ)元年(1185)義経が頼朝に追われた際,夫の重頼は武蔵(むさし)河越所領を没収のうえ殺されたため出家。のち夫の所領の一部があたえられた。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

河越重頼妻の関連キーワード比企能員鎌倉時代源頼朝

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android