コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

河野通清 こうの・みちきよ

朝日日本歴史人物事典の解説

河野通清

没年:養和1(1181)
生年:生年不詳
平安後期の武士。親清の子。伊予国風早郡河野郷(愛媛県北条市)を本領とし,伊予権介に任じて河野介と称した。治承4(1180)年源頼朝をはじめとする反平家勢力が各地で蜂起した際,伊予国内で競合関係にあった高市氏が平家と結んでいたことから,通清も同年冬に挙兵。国中を管領して正税官物を抑留した。しかし,翌養和1年,平家方の備中国住人沼賀(奴可)入道西寂に攻められ,高直(高縄)城にたてこもって戦ったが,敗れて討死した。通清が討たれたことについて,都の貴族吉田経房の日記『吉記』同年8月23日条には「伊予国在庁川名大夫通清被討伐云々」と記されている。<参考文献>山内譲「伊予国における武士団の成立と展開」(『日本歴史』379号)

(野口実)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の河野通清の言及

【河野氏】より

…中世の伊予国(愛媛県)の豪族。古代の越智(おち)氏の流れをくむと伝えられる。風早郡河野郷(現,北条市)を根拠地とする。源平合戦時に,通清・通信父子が源氏方にくみして勢力をのばし,戦後は御家人の地位を得て伊予国最大の武士団に成長した。その支配領域は,風早郡を中心にして中東予に及んだ。承久の乱(1221)では通信が京方に味方し,所領所職の大半を失ったが,その子通久が鎌倉方についたのでかろうじて命脈を保った。…

※「河野通清」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

河野通清の関連キーワード河野通信河野宗賢河野通経

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android