コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油屋基田 あぶらや きでん

1件 の用語解説(油屋基田の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

油屋基田 あぶらや-きでん

1806-1857 江戸時代後期の俳人。
文化3年生まれ。7歳のとき失明。のち学問をおさめ,「易経」を暗記,占いの道具を工夫するなどし,塙保己一(はなわ-ほきいち)の再来と賞賛された。俳諧(はいかい)は付け句の即吟を得意とした。安政4年1月8日死去。52歳。土佐(高知県)出身。名は城久。別号に垣覗坊。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

油屋基田の関連キーワード石出烏旭逸山禾月空二壺半古森里朴長隠(1)寺島杜蓼新田雲里深川湖十(5代)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone