コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

油屋基田 あぶらや きでん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

油屋基田 あぶらや-きでん

1806-1857 江戸時代後期の俳人。
文化3年生まれ。7歳のとき失明。のち学問をおさめ,「易経」を暗記,占いの道具を工夫するなどし,塙保己一(はなわ-ほきいち)の再来と賞賛された。俳諧(はいかい)は付け句の即吟を得意とした。安政4年1月8日死去。52歳。土佐(高知県)出身。名は城久。別号に垣覗坊。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

油屋基田の関連キーワード基田

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android