油菊(読み)あぶらぎく

精選版 日本国語大辞典「油菊」の解説

あぶら‐ぎく【油菊】

〘名〙
① キク科の多年草。近畿地方以西の日当たりのよい山地などに生える。栽培菊の祖先の一つと見られ、秋、直径二センチメートルほどの黄色い頭状花が咲く。花を薬用とする。しまかんぎく。はまかんぎく。たいわんかんぎく。《季・秋》〔日本植物名彙(1884)〕
② 「あわこがねぎく(泡黄金菊)」の別名。〔大和本草批正(1810頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「油菊」の解説

油菊 (アブラギク)

植物。キク科の多年草,薬用植物。アワコガネギクの別称

油菊 (アブラギク)

学名:Chrysanthemum indicum var.indicum
植物。キク科の多年草,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

デジタル大辞泉「油菊」の解説

あぶら‐ぎく【油菊】

キク科の多年草。関西以西の山地自生紫黒色を帯び、葉は五つに裂けている。秋、黄色い頭状花が咲き、花をに漬けて薬用にする。はまかんぎく。しまかんぎく。いわやぎく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android