コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泊瀬仲王 はつせなかつおう

1件 の用語解説(泊瀬仲王の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

泊瀬仲王 はつせなかつおう

?-628 飛鳥(あすか)時代,聖徳(しょうとく)太子の王子。
母は膳菩岐々美郎女(かしわでの-ほききみのいらつめ)。山背大兄(やましろのおおえの)王の異母弟。推古(すいこ)天皇没後の皇位争いで山背大兄王を推挙した境部摩理勢(さかいべの-まりせ)をかくまった。推古天皇36年摩理勢の帰宅後十余日して急死。摩理勢も田村皇子(舒明(じょめい)天皇)を推す蘇我蝦夷(そがの-えみし)の軍兵に殺された。泊瀬王,長谷王とも。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

泊瀬仲王の関連キーワード文公推古天皇推古天皇文公推古天皇文公推古天皇だいち2号信楽高原鉄道事故緊急人材育成・就職支援基金事業

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone