法参議(読み)ホウサンギ

大辞林 第三版の解説

ほうさんぎ【法参議】

766年、道鏡が法王に任ぜられた際、その一党の基真禅師の任ぜられた官職。参議に準ずる月料を給せられた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほう‐さんぎ ホフ‥【法参議】

〘名〙 天平神護二年(七六六)称徳天皇が道鏡に法王を授けた時、山階寺の基真に与えられた異例の官職。参議に準じて月料を給せられた。
※続日本紀‐天平神護二年(766)一〇月乙巳「法参議大律師修行進守大禅師正四位上基真准参議

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android