月料(読み)げつりょう

世界大百科事典 第2版の解説

げつりょう【月料】

日本古代の律令制において皇族や官人に支給される食料給与。月俸(げつぽう)とも呼ばれ月ごとに諸司から官職や人数に応じて請求された主食副食調味料を宮内省所属の官司から支給する。米は大炊寮(おおいりよう),塩・・魚・菜は大膳職(だいぜんしき)から給された。支給量は官職・身分で違うが,米ならば日に1~2升が一般的な支給量である。8世紀には月料の財源のために一般の租税のほかに軽税を賦課していたが,後には特別に賦課するのでなく,京庫に収納された年料舂米(しようまい)などがあてられた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

げつ‐りょう ‥レウ【月料】

〘名〙 令制で、皇族、官人等に毎月支給される食料。主食、副食、調味料など。奈良時代には一般の租税の他に軽税を課し、これを支給して月俸と称していたが、のち特別の課税をやめ、京庫にある現物を京官に支給するようになった。
※続日本紀‐天平一六年(744)正月戊午「鎮西府将軍准従五位官。〈略〉倍給二季祿及月

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の月料の言及

【大炊寮】より

…律令制では親王,議政官,職事官・番上官の官人,雑色人,さらに匠・丁に至るまで,俸禄とは別に,調理品または素材の形で主食,副食,調味料の給食が行われた。諸国が進上する年料舂米を,主計寮の計納を経て大炊寮が収納し,8世紀にはこれを親王,議政官,官人,雑色人に月料(げつりよう)として支給したが(匠・丁には民部省が庸米を大粮(たいろう)として支給),9世紀初頭にそれまで激務の職事・番上官の付加給であった要劇(ようげき)料(銭)・番上(ばんじよう)粮が月料と並んで本給となり,3者の支給対象が分化し,それぞれを大炊寮が年料舂米で支給することになったらしい。しかし,有品親王,公卿などの月料は漸次停止され,881年(元慶5)の元慶官田の設置により,太政官,出納諸司(中務省,監物,民部省,宮内省,大炊寮),給月料之司(大学寮等)以外の官司は要劇料・番上粮として官田を支給され,大炊寮の職務は縮減された。…

※「月料」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

月料の関連情報