コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法岸 ほうがん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

法岸 ほうがん

1744-1816* 江戸時代中期-後期の僧。
延享元年5月4日生まれ。浄土宗。江戸増上寺の学寮にはいり,諸国を遍歴,下総(しもうさ)大巌寺(千葉県)で隆善の法をつぐ。のち関通の捨世(しゃせい)の風儀をうけつぎ,安永8年長門(ながと)(山口県)大日比(おおひび)の西円寺の住持となった。大日比流の祖。文化12年12月5日死去。72歳。周防(すおう)(山口県)出身。俗姓は藤田。字(あざな)は性如。号は円蓮社光誉。著作に「臨終要語」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

法岸 (ほうがん)

生年月日:1744年5月4日
江戸時代中期;後期の浄土宗の捨世僧
1815年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

法岸の関連キーワード託阿法洲円如法道生年月日後期

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android