コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法朗 ほうろう Fa-lang

2件 の用語解説(法朗の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

法朗
ほうろう
Fa-lang

[生]天監6(507)
[没]太建13(581).9.
中国,梁~陳の僧。三論宗の第三祖といわれる。僧詮のもとで,『百論』『中論』『十二門論』『智度論』などを学び,僧詮門下の四哲の一人に数えられた。永定2 (558) 年陳の武帝の命で興皇寺に住し,吉蔵はじめ多くの門弟を育成し,彼らが各地に進出したので三論宗は一宗派として興隆した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

法朗
ほうろう
(507―581)

中国、梁(りょう)代・陳代の僧。三論(『般若(はんにゃ)経』に基づいて空(くう)を論じた『中論』『百論』『十二門論』)の教学を広めた。俗姓を周といい、徐州沛(はい)郡沛(江蘇(こうそ)省沛県)に生まれる。名門の出身で若くして軍旅(いくさ)を習ったが、北伐のとき思うところあり、21歳にして出家した。禅法を受け『律』『成論(じょうろん)』『毘曇(びどん)』を学んでのち、僧詮(そうせん)から三論および『大智度(だいちど)論』『華厳(けごん)経』『大品(だいぼん)般若経』を受けた。558年、陳の武帝の勅により建康(南京(ナンキン))の興皇寺に住し、多くの弟子を教化(きょうけ)した。興皇寺法朗と称せられる。弟子のなかに三論教学の大成者、嘉祥大師吉蔵(かじょうだいしきちぞう)がいる。[丸山孝雄]
『平井俊榮著『中国般若思想史研究――吉蔵と三論学派』(1976・春秋社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法朗の関連キーワード欽天監Nエヌ没・歿勃・歿・没三角数n-6脂肪酸Diaz de la Peña,N.司天監

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

法朗の関連情報