コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

波多野元清 はたの もときよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

波多野元清 はたの-もときよ

?-1530 戦国時代の武将。
波多野清秀の長男。丹波多紀郡(兵庫県)八上城主。細川高国とむすび勢力を拡大。将軍足利義稙(よしたね)の1字をもらい,稙通(たねみち)とあらため,幕府の評定衆となる。大永(たいえい)6年(1526)弟香西(こうざい)元盛が高国に謀殺されると,反高国の兵をあげ,丹波から細川勢を追いはらった。享禄(きょうろく)3年死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

波多野元清の関連キーワード狩野正信イワン狩野正信ザカリアス広場テルチボーダンメッヘレンRheaエル・エスコリアルコレージュ・ド・フランス