コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

波平行安(初代) なみのひら ゆきやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

波平行安(初代) なみのひら-ゆきやす

?-? 平安時代中期-後期の刀工。
波平家の祖とされる正国の子といわれる。行安の銘は各時代におよび,幕末に波平家の正国61代,62代,63代が行安を名のった。行安銘最古の作に愛知県猿投(さなげ)神社の太刀(重文)がある。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

波平行安(初代)

生年:生没年不詳
平安後期の刀工。薩摩国(鹿児島県)谷山郡に住した。この行安をはじめこの地に居住した一派を波平派といい,永延(987~89)ごろ,大和国(奈良県)から移住したと伝える正国を祖とするが,正国の作品は現存しない。行安は正国の子と伝えるものを初代とする。同銘が幕末まで続くが,行安の作品で最も古いのは愛知猿投神社の「行安」2字銘の太刀で,次いで島津一族の樺山家に伝来した鎌倉初期とみられる「波平行安」銘の太刀がある。作風は鍛えに柾目があり,刃文は細直刃で焼落しがあるなど,所伝のとおり大和風がみられる。幕末には「正国六十三代孫波平大和介行安」と銘した者がいる。

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android