コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泥染(め) ドロゾメ

世界大百科事典内の泥染(め)の言及

【イグサ(藺草)】より

…7月中旬に,茎のつやが増し,弾力のある強さがでてきたら刈り取る。
[加工]
 刈り取った茎は結束し,ただちに泥水に漬けて泥染(どろぞめ)をする。泥染後よく水を切り,地面に並べて天日に乾かす。…

【大島紬】より

…大島で織られた絣の紬織物は黒砂糖とともに,薩摩藩の献上品,交易品として藩の重要な財源であった。1850‐55年(嘉永3‐安政2)までの見聞に基づいて書かれた名越佐源太の《南島雑話》には,当時の紬の様子や絣の手括(てくく)り作業や泥染の工程などが図入りで説明されている。しかしこの大島紬が商品として生産され,一般に広く知られるようになったのは明治になってからである。…

※「泥染(め)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

泥染(め)の関連キーワード鹿児島県奄美市名瀬伊津部勝鹿児島県大島郡龍郷町瀬留本場久米島紬(久米島紬)本場奄美大島紬本場大島紬久米島紬泥染め大島紬イグサ黒八丈つむぎ染料名瀬

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android