コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

注進 チュウシン

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐しん【注進】

[名](スル)《「注」は、しるす意》事件を書き記して上申すること。転じて、事件を急いで目上の人に報告すること。「御注進に及ぶ」「事の始終を上司に注進する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうしん【注進】

( 名 ) スル
事件を記して急ぎ上申すること。
事件を急いで目上の人に報告すること。 「御-に及ぶ」 「其兄なる執事を取次とし早くも此事を-しけり/経国美談 竜渓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

注進の関連キーワード小野雪見御幸絵巻算用状(散用状)防長風土注進案注文(古文書)士官学校事件櫛の歯を挽く良暹(2)鎌倉将軍府小早川茂平鎮西談議所注文・註文遠見番所上田鳳陽伊達騒動渡部斧松経国美談近藤芳樹蘇原御厨建久新制時時刻刻

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

注進の関連情報