注進(読み)チュウシン

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐しん【注進】

[名](スル)《「注」は、しるす意》事件を書き記して上申すること。転じて、事件を急いで目上の人に報告すること。「御注進に及ぶ」「事の始終を上司に注進する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちゅうしん【注進】

( 名 ) スル
事件を記して急ぎ上申すること。
事件を急いで目上の人に報告すること。 「御-に及ぶ」 「其兄なる執事を取次とし早くも此事を-しけり/経国美談 竜渓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅう‐しん【注進】

〘名〙 (「注」は書くの意) 事件の内容を書き記して急ぎ上申すること。また、事件を急いで報告すること。注申
※東大寺文書‐天喜三年(1055)一二月一四日・権寺主某封物注進状「右、御封納物之内、所注進件」
※平家(13C前)六「平氏調伏のよし注進したりけるぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

注進の関連情報