始終(読み)シジュウ

デジタル大辞泉の解説

し‐じゅう【始終】

[名]
物事の始めと終わり。
「―本末を思考せずして事を起こす者は」〈織田訳・花柳春話
事柄の成り行きの、始めから終わりまでの全部。「事件の始終を語る」「一部始終
始めから終わりまで態度・状態などを変えないで通すこと。また、変わらないで同一になること。
「生民の為に身命を犠牲に供し、道義の為に―するに」〈東海散士佳人之奇遇
最後。結末。
「いかに申すとも―のことはかなふまじ」〈平家・一〉
[副]
絶え間ないさま。頻繁に行われるさま。いつも。しょっちゅう。「始終監視されている」「仕事もせずに始終ぶらぶらしている」
終わりには。結局は。
「寄せ手は大勢なり。城の構へ未だこしらへず、―いかがあるべからん」〈太平記・二九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しじゅう【始終】

( 名 )
始めと終わり。また、始めから終わりまでの事柄。すべて。 「一部-を物語る」
事の経緯。事情。 「事の-を気取られては/当世書生気質 逍遥
行く末。将来。 「 -よかるべしともおぼえず/平家 2
事の終わり。結末。 「 -の勝こそ肝要にて候へ/太平記 16
( 副 )
行為が切れ目なく続くさま。同じ行為が幾度も繰り返されるさま。たえず。いつも。 「 -本を読んでいる」 「 -文句を言っている」 「 -黙然としてゐる/社会百面相 魯庵
終わりには。結局。 「 -かなふべしともおぼえず/平治

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

始終の関連情報