コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

始終 シジュウ

2件 の用語解説(始終の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

し‐じゅう【始終】

[名]
物事の始めと終わり。
「―本末を思考せずして事を起こす者は」〈織田訳・花柳春話〉
事柄の成り行きの、始めから終わりまでの全部。「事件の始終を語る」「一部始終
始めから終わりまで態度・状態などを変えないで通すこと。また、変わらないで同一になること。
「生民の為に身命を犠牲に供し、道義の為に―するに」〈東海散士佳人之奇遇
最後。結末。
「いかに申すとも―のことはかなふまじ」〈平家・一〉
[副]
絶え間ないさま。頻繁に行われるさま。いつも。しょっちゅう。「始終監視されている」「仕事もせずに始終ぶらぶらしている」
終わりには。結局は。
「寄せ手は大勢なり。城の構へ未だこしらへず、―いかがあるべからん」〈太平記・二九〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しじゅう【始終】

( 名 )
始めと終わり。また、始めから終わりまでの事柄。すべて。 「一部-を物語る」
事の経緯。事情。 「事の-を気取られては/当世書生気質 逍遥
行く末。将来。 「 -よかるべしともおぼえず/平家 2
事の終わり。結末。 「 -の勝こそ肝要にて候へ/太平記 16
( 副 )
行為が切れ目なく続くさま。同じ行為が幾度も繰り返されるさま。たえず。いつも。 「 -本を読んでいる」 「 -文句を言っている」 「 -黙然としてゐる/社会百面相 魯庵
終わりには。結局。 「 -かなふべしともおぼえず/平治

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

始終の関連キーワード起結始末終始首尾端倪本末両端曲線標始め有るものは必ず終わり有り始め終はり

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

始終の関連情報