コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泰始律令 たいしりつりょうTai-shi lü-ling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

泰始律令
たいしりつりょう
Tai-shi lü-ling

中国,西晋の泰始3 (267) 年に成立し,翌年頒行された律令。刑罰規定を律とし,行政的規定を令とするという法典編纂の形式は,このときに初めて整ったものである。その意味では,律令の元祖であるといってよい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の泰始律令の言及

【律令格式】より

… 第2の傾向は,令がしだいに重要性を増したことである。漢代の令は律の補足的な法規であったが,晋の泰始律令において,令は初めて律から独立し,行政法のごときものとなったといわれる。唐にいたって令は律よりも重要な根本法典となったが,ただその順序は慣例に従って律令と呼ばれた。…

※「泰始律令」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

泰始律令の関連キーワードマザーボード調書(訴訟法)和解(法律)ポスト小泉に安倍晋三中台サービス貿易協定カタールシャンシャン飲酒運転会津若松市のICTオフィスビル建設計画親権と子どもの保護

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android