コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洗冤録 せんえんろく xi yang lu

2件 の用語解説(洗冤録の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

洗冤録
せんえんろく
xi yang lu

中国,南宋の法医学書。宋慈撰。5巻。理宗淳祐7 (1247) 年なる。死体の一般的検査法,加害方法の判別,毒死関係,救急法などを記す。元代の平冤録,無冤録とともに検験三書といわれ,清末まで検屍,検傷の際用いられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

洗冤録
せんえんろく

中国、宋(そう)代の法医学書。正式には『洗冤集録』といい、全二巻からなる。1247年南宋の宋慈(そうじ)(1186―1249)により撰述(せんじゅつ)された。宋慈は、字(あざな)を恵父といい、建陽(現福建省建寧県)の人で、長く刑獄の仕事に従事し、その間の経験とそれまでにあった類書を参考にしてこの書を著したといわれる。『洗冤録』は、検屍(けんし)の進め方、死体の死後現象、自縊(じい)・絞死・溺死(できし)・刀剣による殺傷などの際の自他殺の鑑定法など、多数の項目を系統的に記述している。一部には現代の知識からみて正しくないものもあるが、当時の知識水準や鑑定方法を知るうえで重要である。この書がもととなってその後『平冤録』や『無冤録』などの類書が生まれ、日本にも伝来した。[内田 謙]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

洗冤録の関連キーワード法医解剖法医学捜査班 silent witness石川哲郎香川卓二黒岩武次小南又一郎藤原教悦郎古田莞爾北条春光洗冤集録

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone