じい(読み)ジイ

デジタル大辞泉の解説

[副]かすかな物音や、虫の鳴き声などを表す語。じいじい。「セミがじいと鳴いて飛び去った」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「ももんじい」の略) 獣の肉。特に、や鹿の肉をいう。
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉三「馬場のかしらの子分に穴熊といふ若い衆がてうどぢいをたべにきて」
〘副〙 (多く「と」を伴って用いる) 物のかすかな音や鳴き声などを表わす語。虫などの小さな声、目覚まし、ベルなどの小さく短い音、熱い鉄の上などで水滴や脂などが一瞬にやける小さい音など。
※青春(1905‐06)〈小栗風葉〉夏「真暗な庭の隅でジーと引入れられるような蚯蚓(みみず)の音が為出した」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

じいの関連情報