コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津波防波堤 ツナミボウハテイ

デジタル大辞泉の解説

つなみ‐ぼうはてい〔‐バウハテイ〕【津波防波堤】

津波による水位の上昇を抑制したり、津波の流速を低減させるために、湾の入り口など海岸線から離れた場所に築造される防波堤。海岸に沿って設けられる護岸堤防とともに、津波の被害を防止・軽減する役割を果たす。湾口防波堤

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

津波防波堤の関連情報